はじめのいっぽ

urocom.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:旅( 14 )

おのぼりさんツアー 第1弾


シドニーに住んでるものの、子連れだとなかなか遠出できなくて1ヶ月以上経っても未だシティに行ったことなかったうろ子。どうしてもシティに行ってみたかったので週末にダーリン引き連れて行ってきました。

電車で1時間弱!さすがの電車男のコザルでも飽きてきて、ベビーカーを降りて階段を上ったり降りたりして遊ぶ。(シドニーの電車は2階建て) 車窓から見るシドニーの景色はメルボルンと違う。人口が多いので建物が多い。
ホントはハーバーブリッジを通るコースで行きたかったんだけど、その日に限って工事中だったし・・。

シティについて電車の乗り換え・・・すんごい人で田舎モンのうろ子はびっくりよ。同じようにベビーカー押してるママさんがいてなかなか電車に乗れなくて困ってるのに誰も助けようとしないし・・・。まぁ、たまたまだったのかもしれないけど・・・メルボルンで同じようなシュチュエーションになったときは4,5人がCan I help you?って助けてくれたもんです。

そんな話はさておき、今回の行き先はココ。
c0107078_21202174.jpg

ベタですがシドニー水族館。こっちにきて間もない頃、小さな動物園に連れていったら怖がる怖がる。遠目に見てるときは興奮して「わんわ!わんわ」って言ってるのに(注:コザルにとってはコアラもカンガルーもわんわです。)いざ近くによると怖がってきっつい抱っこしてくる。なら魚は?ってことで来てみました。

c0107078_21254327.jpg

最初は大きい魚を怖がっていたけど、慣れてきたら結構楽しんでたみたい。いろんなものを指差してました。

c0107078_2130354.jpg

個人的にはこのジュゴンが可愛かった。その昔マーメイドに間違えられたっていうジュゴンちゃん、丸々してて悠々と泳いで癒し系でしたw

c0107078_21331114.jpg

この旅で「フィッシュ」という言葉を覚えたコザル。魚の絵や写真を見せると「シュッ」「シュッ」と言います。
それまでは魚さえも「わんわ」だったのでw学習しました。

さて次回シティに行けるのはいつになるやら。もっとシドニー探検しなきゃね。

最近覚えた言葉。メモメモ・・・
[PR]
by uroco_m | 2010-05-09 21:42 |

シドニー前夜祭


メルボルンからシドニーまで車での大移動。1日では無理なので途中キャンベラ近郊に住むダーリンのお友達の家にお泊り。

ここがえらい豪邸でして。3人の子供たちはそれぞれの部屋を持ち、子供たち用の砂場あり、大きな家庭菜園あり、池?あり。街から離れているために夜なんかは物音ひとつ聞こえない。
(ウチなんか6車線ある国道の前だから昼夜問わず大きなトラックが通って眠りゃーしない・・・と思ってたけど、最近慣れたわ。)
c0107078_9145393.jpg


子供たちのおもちゃはほとんど両親による手作り。木の積み木はいいわーと思った。顔が無い人形もあったので多分シュタイナー教育されてる? テレビも無いって言ってたし。
c0107078_9181460.jpg


庭にはたくさんの野菜やハーブ。ディナーは庭から採った野菜とハーブのサラダが出てきておいしかった。お土産にステビアの苗までもらっちゃって。ベランダで育ててます。

7歳の3男クンが大好きになって一緒に遊んでもらったね。最近大きいお兄ちゃんが好きなコザル。
c0107078_9252942.jpg


次の日にシドニーイン。サバイバルな1週間が待っているとも知らずに・・・。
[PR]
by uroco_m | 2010-03-21 09:28 |

ダーリンの夢見た国


そう、それはっ・・・


c0107078_19445652.jpg



アンパンマンランド!

愛とっ勇気だけが友達さぁ~♪
[PR]
by uroco_m | 2010-02-10 20:11 |

あけおめ


ってかなーり遅すぎですね。後ろ髪ひかれつつ戻ってまいりました。24時の鐘が鳴っておとぎの国ニッポンから現実に戻ったシンデレラの気分です。

毎日お出かけしてたのでいろいろ載せたいのだけど、きっとまとまらないのでちょちょっとダイジェスト版で。




c0107078_19313937.jpg

そんなに雪は降らない九州だけど、滞在中に数回積もった。実家の庭も真っ白!久々に雪を見ると感動したわ。ダーリンも喜び庭かけまわりました。

c0107078_19342256.jpg

近所の小学校5年生のの餅つきに招かれたときの写真。ダーリン、薪割りで慣れてるからか上手だとみんなに褒められた。

c0107078_1936747.jpg

小学生に大人気だったコザル。かわいいお姉ちゃんたちに次々に抱っこされてた。日本の子供たちってシャイかと思ってたけど、みんな元気でフレンドリーだったのに逆カルチャーショック。オーストラリアに関していろいろ質問され、答えるたびに「え~!」という大合唱。純粋でいいねぇ。

c0107078_19404967.jpg

中学の同級生が経営してるケーキ屋さん。おフランスでパティシエの勉強されたとか。繊細な味なうえにリーズナブル。

c0107078_19443768.jpg

1歳から乗車可能な遊具がほとんどの遊園地。昔からあるので古びてるけどそれがまたノスタルジックで良し。コザルはこの汽車が一番好きだっかな。

c0107078_19463120.jpg

3歳のいとこと。コザルがかなり積極的だったのでいとこは逃げ腰。最後には一緒におもちゃの車に乗って遊んでたけどね。

c0107078_19485453.jpg

滞在中に電車に目覚めたコザル。散歩中に電車が通ろうなら雄叫びをあげます。電車のことは「チューチュー」と呼びます。
言葉をたくさん覚えて「どうぞ」「じーちゃんor じいじ」「あちっ」「いないいないばぁ」はちゃんと顔を隠して言えます。あと、ばあばの口癖の「なんねー」も言ってたなぁ。子供のコピー能力ってすごいわ。

さらにぶーちゃんになったので15ヶ月だというのにまだ歩きません。でもカタカタ押しながら歩けるようになったのはちょっと進歩。でもこっちに戻ってウチにあるカタカタでは歩こうとしない。じいじに買ってもらったアンパンマンのカタカタが気に入ってたので歩いてたのかも。

あとはー、うろ子とダーリンがいなくてもじいじとばあばと一緒にいれば大丈夫だった。こっちに戻ってきても義父母と3人きりでも大丈夫だった。嬉しいような寂しいような・・・。

そんなとこです。
次回はニッポン滞在記最終回!(すんませーん。はしょらせてください(-_-;)) ダーリンの夢の国へ行ってきました。

オマケ:せくすぃー写真流出!
[PR]
by uroco_m | 2010-02-04 20:15 |

壮絶!サバイバルキャンプ


アウトドア大好きなダーリンがキャンプに行こうと言い出した。アウトドアが嫌いなわけではないんだけど、少々潔癖気味のうろ子はあまりキャンプが好きではない。結婚してから何かと理由をつけて断ってきたけど、今回はコザルを初めての海水浴に連れて行きたくて渋々了承。

行き先は州最南端のWilsons Prom。 海がキレイで有名なところ。
夏休み前なので少なかろうと思いきや、たくさんのキャンパーがいた。到着早々、テントを準備。
c0107078_1945561.jpg

経験豊富なキャンパーに混ざってしょぼいテントだけど、この暑さだから大丈夫だろーと思ったのが悪夢の始まり・・・。

まずは着替えて海のほうへ。コザル、初めての海。海風が冷たかったしちょっと怖かったみたい。
c0107078_19501449.jpg


コザル用の浅瀬の小川があり、そこで本領発揮。興奮して小川をハイハイしたりバシャバシャしたり。
c0107078_1953418.jpg

c0107078_2091116.jpg

なぜか深いほうへ深いほうへと行くので止めるのに必死。可愛い女の子をナンパして真夏のアバンチュールを満喫したようでした。

キャンパーって夜は何をするもの?慣れたキャンパーたちはワイン飲みながら語ったりトランプしたりしてたようだけど、何も持ってこなかったうろ子たちは日が暮れる前に寝に入った。あ~、インターネットやりたいとつぶやくうろ子。夜9時半頃トイレに行くと周りの人たちも就寝したよう。外は真っ暗で吐きそうなくらい星がたくさんだった。

そして悪夢の始まり・・・。
[PR]
by uroco_m | 2009-11-17 20:12 |

春の遠足~ぶらり3人旅~

今日はお天気が良かった&ダーリンのお勉強もちょっとひとやすみなのでドライブに行ってきました♪

午前中はうろ子が一番好きなマーケットへ。相変わらず人もワンも多い。1週間分のベジはもう昨日買ったので、今回はぶらぶら見るだけ。
c0107078_2025177.jpg


もうすぐ母方の祖母の米寿なので、コレをゲット。
c0107078_20009.jpg

最近、入退院を繰り返していると聞いたので、病院で羽織るのにいいかなーとクリームイエロー色のモヘアの手編みカーデガン。可愛いベビー用の手編みジャンパーもあったんだけど今回は見送り。


一旦、家に帰って昼食を済ませたあと、観光名所のひとつパッフィングビリーへ。
c0107078_20112021.jpg

乗車はしなかったんだけど、コザルに蒸気機関車を見せてやろうと思って。でも大きい音が苦手なコザルは泣いとったわ。
c0107078_2061369.jpg


パッフィングビリーはボランティアで運営されていてキオスクのねーちゃんから中学生くらいの駅員さん、運転手のおっちゃんまでみーんなボランティア。利益は運営費と森林の環境保護に使われてる。さすがオージー。
ちなみに↓で書いたトイライブラリーもメンバーみんなで受付、おもちゃの管理など交代でボランティア運営。こういうボランティア精神が根付いてるっていいよね。

この後は、もちょっと先のWarbutonという田舎町へドライブ。うろ子とコザルは居眠り。。。
c0107078_20125644.jpg

腹が減っては何とやら・・・なのでカフェでレモンメレンゲパイ+バニラアイス2個(食べすぎ?)
日本のケーキは繊細で美味しいけど、この大きさにすっかり慣れてしまったうろ子はちょっと物足りなさを感じた。やばい、オージー化シテキタ!

c0107078_2018481.jpg

お茶屋さんでお茶買ってみたり。ここのラベンダーマフィンとチャイマフィンが気になったわー(ってまだ食べる気かいな)

カロリー消費のために川沿いを散歩。
c0107078_20205420.jpg

ダーリンがコザルを勝手にうろ子の肩の上に乗せて肩車。10キロのコザルが肩に乗った日にゃ~もう首折れそうだったわ。しかも座りジャンプするわ髪ひっぱるわ。

コザルは疲れて今晩はあっという間におネンネ。うろ子もおネンネしそーだわ。
[PR]
by uroco_m | 2009-10-03 20:27 |

キャンベラからの手紙


ダーリンのお仕事の都合で2週間オーストラリアの首都であるキャンベラ滞在中です。コザルも一緒の長旅、Melbourneから車で9時間!もかかった。泣くたびに停まってなだめなきゃいけんかったからね。
飛行機とは違ってずーっと座ってなきゃいけないのでそりゃー疲れるよね、ごめんよコザル。

キャンベラは首都機能のために作られた都市なのでこじんまり+あまり観光するところもありません。
国会議事堂とか戦争記念館とか行ったけど写真も撮らなかったわ。(戦争記念館は日本の戦争関連のものが展示してあって興味深かったけど)

それなのにキャンベラまで来たかった理由はブログ友達のWilliamママさんSatokoさんに会いたかったため。

お二人とはわりと以前からブログで知り合ったのだけど昨年Williamママさん→うろ子→ Satokoさんの順で妊娠・出産に至り、3人とも同じ年の男児のママになったのれす。なのでコザルとお二人のベビちゃんたちとのご対面も。

うろ子の滞在先からわりと近所のWilliamママ宅に集合。到着するとブログでいつも見ているWilliamくんと修ちゃんがっ!二人ともめちゃかわいー。なんだか憧れていたアイドルにでも会ったような感激☆
プラス数人のお友達とベビも集まってにぎやかになりました。

おいすぃーWilliamママさんのお手製ランチをいただき(この日のために初めて市販のベビーフードをコザルに与えてみるも拒否!でもおいすぃーお手製ランチは夢中で食べてた。)その後はまったり談笑しながら写真撮影会(笑)

今回だけはコザルの顔出しの出血大サービス!
[PR]
by uroco_m | 2009-08-30 21:49 |

あけおめ。ことよろ。


遅くなりましたがあけましておめでとうございます。今年もよろしゅーです。


日本もオーストラリアも昨日から出勤って人が多いんだろうけど、ダーリンは来週からの仕事始め。なのでまだまだホリデー気分です。

昨日今日と二日連続でうろ子たちのお気に入りの場所にピクニックに行ってきました。
ウチから近いので毎年夏になるとココに来ちゃうんだよね。
c0107078_19449100.jpg

30度以上あったので川のほとりで涼みたいところだったけど、やっぱり暑かった。

c0107078_19463183.jpg

おおっ、お互い子育てがんばりましょーな。


c0107078_1948484.jpg

川の水を初体験。泣かなかったから意外と好きなのかも。それにしても頭がテカりすぎ。




さて、コザルの書初めです。
c0107078_19504791.jpg

今年の目標は「脱・メタボ」だそうです。すでにおなかまわりがヤバいもんなぁ。。
[PR]
by uroco_m | 2009-01-06 19:54 |

ぶらっと二人旅


また最近ブログの調子がおかしい。いや~ん。

さてさて先週のことになりますが、モーニントン半島というところに行ってきました。出産したらなかなか遠出できないだろうから今のうちにね。

Eastlinkという最近できた高速道路を使って(26日まで無料なので)行ったら通常1時間半くらいかかるところが20分で到着。

まずは この方のブログに載ってたチーズ屋さんでサンプルプレートいただき。
c0107078_1257326.jpg

あっさりしたものから濃いものに順番に食べるようにアドバイスされた。
妊婦さんは本当はカマンベールみたいなソフトチーズを食べちゃいけないらしいけど、食べちゃったばい。
チーズ好きだけど最後のブルーチーズまでいくとリッチすぎてちょっと気持ち悪くなった。。。

それから海岸線をドライブ。ここには温泉もある(けど日本の温泉とはちょと違う。もち水着着用。)のだけどこの出っ腹じゃー危ないっちゅーことで今回は温泉無し。入湯料3000円くらいしまっせ。日本だったら500円くらいで良い温泉入れるよねー。

着いたときは小雨混じりのお天気だったけどランチを食べる頃には快晴に。気温も上がってきて心地よかった。
c0107078_13496.jpg



さて今日のオマケ画像。
授乳クッションと赤ちゃんのにぎにぎ人形作ってみました。
c0107078_136459.jpg


クッションはベビが座り始めたらお座りクッションとしても使えるし重宝しそう。
一目ぼれしたこのカバー生地はちょっと高かったけど、中のクッションは古いシーツで作ったのでかかったお代金1500円くらい。
ファスナーんところは誰にも見せられません。めっさ雑です。

にぎにぎの赤いほう、何だかわかります?
はい、正解。りんごちゃんです。ダーリンに聞いたら首をかしげて


「胎盤?」



胎盤人形をベビに作るママがどこにいるんや・・・。
[PR]
by uroco_m | 2008-07-22 13:22 |

おバカんす 其の四

グリーン島からヨレヨレになってホテルに到着。休む暇も無くディナーへ。

Tjapukai Aboriginal Cultural Parkという場所。ここではオーストラリアの先住民であるアボリジニに文化に触れることができる。

c0107078_19264852.jpg


たくさんの観光客が輪になり,一緒になってアボリジニのダンスを踊ったり言葉を発したりした。
でもね,うろ子さんおなかと背中がくっつくぞ状態だったからさ,早く食べ物にありつきたくてしょうがなかったワケですよ。

6時半にホテルを出て食事にありつけたのは8時半。待たせすぎじゃー。

ディナーはビュッフェでした。食い意地が張ったうろ子はもう皿にのらんぞってくらいに盛りましたですよ。
日本人観光客も多いんでしょう,味噌汁までありました。またコレが超塩辛いっ。

87ドル(約9000円)だった割には食事は??でした。

でも食事中のアボリジニのショーは結構おもしろかったです。
c0107078_19255764.jpg

つ。なんつって。



伝統的な歌や踊り,ディジュリドゥと呼ばれるアボリジニの楽器の演奏。
それだけじゃなく笑える要素もちゃんと入れてあったりとか。

最後は交流の時間も設けられていたので,お話することもできました。
c0107078_19341586.jpg


ここにいるアボリジニの人たちは近代的生活をしているんだろうけど,こうやってアボリジニ文化を受け継ぎ,守り,人々に紹介しているって素晴らしいことだと思います。

そして・・・
[PR]
by uroco_m | 2007-07-26 20:19 |